2008年9月22日月曜日

備前の展示に、、

久ぶりに城下町金沢に、焼物にも少し係わって居た所に備前の方の個展が、、仕事が、ついでなのか焼物がついでなのかは、秘密ですが、中心街に行くのは1年振りくらい、、 中は撮影禁止と、、外から撮影してして来ました、、
結構大胆、おおらか、油彩が掛かって居ないのに色々な表情が出ていました、淡い紫が好い感じをだしていました。

作家さんにはお会い出来ませんでしたけれど、担当の方「瀬川」さん、、親切に説明を小1時間、お話を、、
お付き合い頂きました。

2 件のコメント:

東龍 さんのコメント...

なかさん、熱心ですね。

この作品から見ると、和さんも結構大変苦労していますね。

多分、値段も高かったでしょうし、少し雄先生の柔らか味の部分と啓先生の無骨さがありますね。

ただ、画像を見てつい「ん~」って感じです。

でも、技術や焼けやいろいろ見ると後々にいい経験になると思います。

ご苦労様でした。

なか さんのコメント...

東龍さん、、今晩は、タイミングが、良いと言うか、、鉢を製作している方のブログもお邪魔したり、、陶芸が身近に成って来ています、、

備前を備前として見たのが始めてだったので、世界が少し広く成ったのかなぁと、、

今度焼く時には少しお手伝いが出来ればと思って折ります、、。